節約家のRUN!故障と体調不良に負けない!

目指せケガ0!故障と体調不良を起こした、過ちと対策の忘備録です。少ないお小遣いでも買えるRUNグッズも紹介しています。

2016年からランニングを始めたものの、故障と体調不良でなかなか波に乗れません…。凹みながらも、少しずつ前進?して、フルマラソンを目指す姿を記録したいと思います。

二度とウィンドスプリント走なんて~やらないよ絶対~

2016年8月上旬~下旬。
11月13日の「いびがわマラソン」までのトレーニング期間が残り2か月に迫ろうとしている中、ランニング中の給水力を得ることができた私は、休日の度に10kmのペース走に取り組んでいました。


そのペースは毎度「6:30分/km」程の一定速度を保っており、まるでマラソンサイボーグのごとくです。


このように8月27日も、いつもの10kmのペース走をしておりましたら、なにやら怪しい動きをしているランナーを発見しました。


坂道を短い距離だけダッシュで駆け上って、ジョギングで降るを繰り返しているようです。しかも、脇には車が止まっていまして、どうらや遠くから田舎の坂道を求めて、わざわざ車で遠征に来られたようです。


この遠征のひと手間を掛けてまでやる価値のある練習という事は、相当効果が高い練習と見受けられます。


と言うわけで翌週に早速取り組んでみました。
このトレーニングは「ウィンドスプリント走」と言いまして、100~200mを8割程の力で10本ダッシュする練習です。


2016/08/28
ウィンドスプリント初挑戦
目標は100mの上り坂×10本


結果はご覧の通り6本でギブアップです。


既に2、3本目でヘロヘロになっていまして、何とか5本を目標として最後に意地の1本追加でフィニッシュです。
初心者ランナーのくせに、いきなり負荷の高い上り坂に挑戦したのがいけないのかも知れませんが、いい年のオジサンが全力疾走的な事をしているのを見られるのは恥ずかしかったもので、平地ではなく自動車が数台通るかどうかの、山の麓道で走りたかったのです。


なお、1本あたりのペースは100mを17~20秒でしょうか。
GARMINのペースグラフの突出部分が「2:55分(175秒)/km前後」ですので、これくらいと思います。


この「ウィンドスプリント走」は、
・日頃のスローランで縮こまりがちになるフォームを改善できる
・心肺機能と全身の筋肉に刺激が入れられる
とトレーニングのアクセントにはもってこいらしいのですが、軟弱ランナーの私にはハードルが高すぎですので、二度とウィンドスプリント走なんて~やらないよ~絶対~。