節約家のRUN!故障と体調不良に負けない!

目指せケガ0!故障と体調不良を起こした、過ちと対策の忘備録です。少ないお小遣いでも買えるRUNグッズも紹介しています。

2016年からランニングを始めたものの、故障と体調不良でなかなか波に乗れません…。凹みながらも、少しずつ前進?して、フルマラソンを目指す姿を記録したいと思います。

日本よ!これが給水グッズだ

2016年8月中旬。
夏場の水分補給のために給水グッズの確保が急務になりました。


普通でしたら500mlのペットボトルを入れられるポーチとしてメジャー「YURENIKUI」などをチョイスするのでしょうが、ミニマリスト的は私としてはポーチ以外の何かが欲しいと感じていました。


色々と調べたところ、ミニマリスト御用達の給水グッズを見つけることができました。
しかも「made in USA」なのでカッコイイ感じです。早速、これを購入です。


シンプルハイドレーションボトル(別売りキャップ+シリコンリング付き)
368ml
2,650円

使ってみた感想としましては、


良い点
 ・ランパンのゴムに引っ掛けられるためベルトやポーチが不要です
 ・身体にフィットするので満タンの状態でも嫌な揺れは感じません
 ・口が広いので飲料を入れたり掃除をするのが楽々です
 ・made in USA のため何だかカッコイイ気がします


悪い点
 ・作りが雑な感じなので見た感じは100均レベルです。
  嫁さんには「これが3,000円弱もしたの?」と言われました。
 ・標準のキャップは、引き上げる飲み口部分がプラスチックで固すぎます。
  さらにキャップの締め付けが全然ダメなので、傾けるとジャジャ漏れです。


この標準のキャップが曲者のために、別売りのキャップ(飲み口がゴムでシリコンリング付き)は必須だと思います。
これが無いとランパンが漏れまくると思いますが、海外の方は気にならないようです。シリコンリングは日本だけの販売だそうです。
外国の方は「ランパンはどうせ汗で濡れるから、スポーツドリンクで濡れてもOKさ!」と言う事なのでしょうか。生粋の日本人である私には漏れは耐えられそうにありません。


と悪い点のボリュームが多くなってしまいましたが、本体+別売りキャップ(2,650円)で満足のいく物になります。現在、気に入って使っています。


今後フルマラソンを目指してロングランをする時は368mlでは足りませんので、もう1本購入して2本差しにするか、ポーチを買うか悩みそうかと思います。