節約家のRUN!故障と体調不良に負けない!

目指せケガ0!故障と体調不良を起こした、過ちと対策の忘備録です。少ないお小遣いでも買えるRUNグッズも紹介しています。

2016年からランニングを始めたものの、故障と体調不良でなかなか波に乗れません…。凹みながらも、少しずつ前進?して、フルマラソンを目指す姿を記録したいと思います。

いびがわマラソン2016_間に合うでしょうか

2016年11月13日。
記念すべき初大会となった、いびがわマラソンのレポートの続きです。


3.5km地点の給水には失敗したもののスタート前のウォーターローディングのお陰か特に脱水症状も訪れることなく、淡々と「7:30分/km」ペースで走っていました。


後は関門となる8.4km地点を70分以内に超えるだけです。


でもその前に8km付近の救護室へ立ち寄らなければなりません。
知り合いがスタッフとしてお仕事をしてくれていますので、元気な姿をお見せしたかったのです。
運良く知り合いを見つける事ができたので、ロスタイムを覚悟で止まって挨拶してみました。せっかく立ち寄った、知り合いは若干困惑した感じテンションが低く「頑張ってね」と軽い言葉しかもらえませんでした。


忙しいからこんなものかなと思ったのですが、後から聞いたら、私が帽子を被っていたせいで誰に声を掛けられたのか分からなかったようです。ほぼ毎月顔を合わせているというのに何という事でしょう・・・。


ですがそんなことは走っている最中は知る由もなく、知り合いに会えてテンションが上がってきました。


しかし、関門時間も迫っていて焦っていました。周りのランナーも関門を過ぎたのかどうが分からないようです。
スタート地点のかなり後方で計測を開始させた、手元のGARMINの距離は当てになりませんし、少し前から注意深く関門の看板を探していたのですが、それも見つけられません。


制限時間ギリギリのランナーは肉体的にも精神的にも戦わなければならないとは・・・。


一部のランナーが不安に駆られて若干ペースアップしたようでして、そこで私も頑張って付いて行きました。
結局3時間のペースメーカーの後ろまで行って、関門を超えている事が周りの会話から分かるまで、無駄な体力を使ってしまったのでした。
ですが、とにかく一安心です。