節約家のRUN!故障と体調不良に負けない!

目指せケガ0!故障と体調不良を起こした、過ちと対策の忘備録です。少ないお小遣いでも買えるRUNグッズも紹介しています。

2016年からランニングを始めたものの、故障と体調不良でなかなか波に乗れません…。凹みながらも、少しずつ前進?して、フルマラソンを目指す姿を記録したいと思います。

2時間待ちで得た事は?整形外科へ

2016年10月。
「いびがわマラソン」まで一ヶ月という大事な時期に、まさかの故障が発生しました。
左の足裏がとてつもなく痛いのですが、何とか「いびがわマラソン」のハーフを完走したいため、会社近くの整形外科で診察してもらう事にしました。


チョイスした整形外科は社会人野球の選手も通っているそうで、良いアドバイスがいただけそうです。
そのかわり、人気の病院の様でして尋常じゃなく混んでいます。


仕事をマッハで切り上げて18:00過ぎに入ったのですが、先生に診ていただいたのは20:00をとっくに過ぎていました。
雑誌が殆ど置いていないので、ひたすらテレビのNHKを見ていたのですが、座った席からは角度が悪いし、混んでいるので席は移動できないし、なかなかシンドイ待ち時間でした。


やっと診察の順番が回ってきまして、先生は私をベット寝転がらせて、下半身の色々な関節の可動域をチェックされました。


そこで分かった事は、私は骨盤?股関節?の前後の可動域が、右よりも左の方が悪いようです。
そのため動きが悪い方の左足に疲れが貯まって、足の裏が故障(足底腱膜炎)したとの事でした。


残念ながら故障の完治は時間薬に頼るだけしかありませんので、残り1か月ちょっとで、どこまで完治するかは分かりません。
現実は非常に厳しいものとなってしまいました。


しかし、120分も待っただけの収穫はあったと思っています。
左右の骨盤の可動域が違う事が分かりましてので、骨盤ストレッチに励んで同じバランスを目指す事にしたのです。